屋上庭園でリゾート空間を満喫する家

天井を梁の上まで折り上げることで広がりのある空間を演出。

できるだけすっきり暮らしたいという要望をも とに、テレビゃスピーカーの配線、インターフォンまで隠すという徹底ぶり。

明かり取りの小窓を設置して、階段の明るさを確保。天井の木目は梁との相性が良く、とでもクロスとは思えない仕上がり。

シンプルな中で、乱貼りしたタイルが個性を発揮している。

トイレにはスリットの窓を設置。差し込む光が、清潔感を演出する

プールやバーベキューを楽しむことができる屋上庭園。

ARCHITECTURAL DATA

完  成
2013年
所 在 地
徳島市
家族構成
夫婦+子供1人
間  取
1LDK
延床面積
77.62㎡(23.48坪)
敷地面積
450.46㎡(136.26坪)
《CONCEPT》

-新婚旅行先のハワイで衝撃を受けた”リゾート”な家が、家族の理想でした-

ブラウンとホワイトに塗り分けられ、都会的なパキッとした外観に仕上がったT邸。これだけコントラストの強い配色でありながら、特に手前のブラウンの部分は木目調の外壁パネルによく映え、ナチュラル雰囲気も醸しています。室内に目を向ければ廊下は大理石調のタイル、天井にはダークブラウンの木目調のクロスでリゾートホテルのような配色に目がいきます。「新婚旅行で行ったハワイの建物が忘れられなくて、そのテイストを家にも取り入れたかった」というご夫婦のアイデアをカタチにしました。さらにリビングにおいては、床には無塗装のブラックウォールナットの無垢材を使っていますが、その表情豊かな表面の肌触りがこれまた心地良く、なんとも"リゾート"しています。実はこの家、土地の扱いから登録上は独立した一軒家の新築ではなく、裏手に建つ母屋の増築にあたります。そのため母屋とは廊下で繋がっており、子ども部屋は母屋に確保しているので作りませんでした。なのでその浮いたスペースがどう使ったかというと⋯それが自慢の"屋上庭園"。プールやバーベキューを楽しむ場所として大活躍し、ここにもやはりリゾートというテーマが生きています。
PAGE TOP