和田 涼

住宅ローン控除が変わります!

ブログをご覧の皆様こんにちは!

北店営業部の和田です!

今週の「家づくりポイント!」は私が担当させて頂きます!

今回ご紹介させていただくのは・・・

住宅ローンアドバイザーの資格を持つ私がわかりやすく

住宅ローン控除についてお伝えできればと思っております!

実は、2022年4月から住宅ローン控除が変更になります!

今回は、住宅ローン控除がどういうものなのかと変更点について

ご説明させて頂きます!

お客様が住宅ローンを利用して住宅を購入した時に

一定の要件に当てはまれば一定期間、

年末のローン残高の一定割合を所得税から

控除することができる制度になります!

※所得税から控除しきれない額は住民税からも

一部控除されます!

住宅ローン控除は当初は、本年末で期限を迎える

住宅ローン控除でしたが、4年間延長することが決まりました!

その変更内容がこれからご紹介するところになります!

お家をお引渡ししてから6ヶ月以内に引越しを終え

実際に生活しているということですね!

こちらは変更はありません!

変更後2023年までに建築確認を取得+所得が

1,000万円以下であれば40㎡以上

今までは、お家のすべての床面積を足して50㎡以上あれば適用でしたが、

2023年までに建築確認申請を取得した上で所得が1,000万円以下であれば

10㎡引き下げて40㎡以上のお家は適用となります!

所得が1,000万以上の方は、例年通り50㎡以上必要となります!

坪数で考えると50㎡は15.13坪 40㎡は12.1坪以上のお家であれば適用ということです!

例えば30坪のお家で店舗併用の時などに店舗が20坪、住居が10坪の場合

住居が半分に達していない為適用不可となります!

※コチラは変更はありません!

合計の所得とは、家庭で働いている人の合計した所得になります!

例年までは3,000万円以下の方まで適用でしたが、

変更後は2,000万円以下の場合は適用ということになります!

所得がどこを見たらいいかわからない!という方は

源泉徴収票の【支払金額】の金額をご確認ください!

住宅ローンの借入先を金融機関つまり銀行にすることです!

例えば親や親族から住宅資金として借入の場合は不可になります!

※コチラの変更はありません

住宅ローンを10年以上返済計画が条件になります!

早くローンを返済したい方は、11年後に繰り上げ返済を

することをオススメします!

適用要件は以上になります!

つづいて、改定内容をご説明いたします!

今までは、住宅ローンの年末残高に対して1.0%の金額が控除

されていましたが、変更後は0.7%の金額となりました!

 

控除期間が10年から13年に延長されました!

3年分増えるのは嬉しいですね!!

 

こちらは分かりにくいので一覧表をご覧下さい

こちらは少し分かりにくいと思いますので、

詳しくは営業担当に聞いていただくことをオススメします!

耐火住宅25年以内・非耐火住宅20年以内

昭和57年以降に建築された住宅

こちらは中古住宅を購入する際に気をつけておきたいですね!

住宅ローン控除が所得税から引いてもさらに控除額が残っている場合

住民税から控除されるのですが、その場合の可能金額が、9.75万円に変更となりました!

 

以上が改定変更内容となります!

ご説明させて頂きましたが、難しい内容だったかと思います。

当社の女性総務に説明をしてみましたが、

たくさん質問が返ってきました!

お家の購入金額は、大きいだけに、

年末に少しでもお金が戻ってくるのは、

ありがたいですよね!

しっかりと理解した上で家づくりをしたい方が

ほとんどだと思います!

分からないことがあれば、家づくりのプロが

ご説明させて頂きますので、是非なんでも

気兼ねなく聞いてみて下さい!

もし、匿名で聞きたい場合は公式インスタグラムの

DMからご質問い頂いても大丈夫です!

これからも家づくりに関する豆知識などをご紹介していきますね!

最後までご覧頂きありがとうございました!

また次週も楽しみにしていて下さい♪

次回更新は、4月1日(金) 吉永が担当になります♪

お楽しみに~!

和田 涼

 

PAGE TOP